VOLLEYBALL

主要製品

Main Product

・バスケットユニフォーム

・サッカーユニフォーム

・バレーユニフォーム

・陸上ユニフォーム

・サイクルジャージ

・競馬騎手勝負服 ...etc

 

高度な昇華転写

プリント技術

1

一貫性を保つ

生産システム

小ロットも

対応可能

2 3

弊社は昇華プリント創世記から設備をいち早く導入し、バスケットボールやサッカーをはじめとするユニフォームやサイクルジャージ、競馬の勝負服などの様々な製作実績から、豊富な知識力・高度な技術力を会得しました。現在では名だたるブランドからの信頼もいただき、多種多様な注文においても自社内で対応可能なシステムを構築するに至っております。

 

昇華プリント製品を生産する工程において、通常の場合他社では少なくともプリント会社と縫製会社の2社(プリントデータ作成が必要な場合は更に1社増え3社)を経由することから、納期までのスケジュール管理に始まり、報告、確認などの間に問題が生じるリスクも考えなければなりません。弊社ではデザイン発案からご納品まで全て自社で行うため、低リスクかつスピーディーに製品が完成します。

 

昇華プリントは、ベースとなる白生地に色柄問わず無限の染色が可能な技術です。そのため、色柄ごとの生地をご用意する必要がなくなり、お客様の在庫リスクが大幅に低下するメリットがございます。また、弊社独自の生産方法により、分納(商品の流通を考慮し、数回に分けて商品を納めること)や最低50以下の少ロット生産などお客様の販売計画に合わせてフレキシブルな生産が可能です。

企画から生産まで、全て自社で行えることが最大の特徴です。

BASKETBALL
FOOTBALL

縫製・昇華プリント技術の

HISTORYを見る

平成9年

 

 

平成11年

 

 

 

 

平成15年

 

 

 

 

平成19年

 

 

 

平成21年

 

 

 

平成22年

 

 

 

平成24年

 

 

平成27年

 

HISTORY

(1997)

 

 

(1999)

 

 

 

 

(2003)

 

 

 

 

(2007)

 

 

 

(2009)

 

 

 

(2010)

 

 

 

(2012)

 

 

(2015)

会社設立 有限会社シード(秋田県北秋田市松葉町)[主要品目/エプロン]

 

 

昇華プリント事業スタート

大型の平版プレス機を導入、昇華インクで印刷された輸入転写紙を仕入れ、百貨店向けの総柄のエプロンを生産開始(プレス、縫製)。

翌年には小型インクジェットプリンター、プレス機を導入。お客様の要望を自社で描き起こすオンデマンドTシャツの生産販売スタート。

 

 

昇華転写プリントを用いたスポーツウェアの販売スタート

大型インクジェットプリンターを導入し、生地へ昇華転写プリントを開始。

翌年には大型ローラープレス機(輪転機)を導入し、品質を維持したまま、生産量アップに成功。

 

 

シード東京支店開設

縫製品目をエプロンから昇華転写プリントを活かしたスポーツウェアに全面転換。

 

 

本社を移設(秋田県北秋田市鷹巣字北家後)

 

 

 

有限会社から株式会社へ変更

 

 

 

自社ブランド「DVELOP.(ディベロップ)」をスタート

 

 

プリント事業部を新工場(秋田県北秋田市材木町)へ移設

1枚自動裁断機を導入。大型インクジェットプリンター、大型プレス機を増設し生産量アップに成功

SEEDの3つの特徴

現段階でお客様がイメージする商品コンセプト、製作ロット数、価格、販売対象、ご納期など

まずはお気軽にご相談ください

03-5491-3576

シード株式会社 東京支店 担当窓口

メールでのお問合せはこちら

迅速に対応可能

Quick Response

1997年設立以来、クイックレスポンス対応をコンセプトに、丁寧な縫製と高度な昇華転写プリント技術で国内各社スポーツメーカーから高い信頼をいただいております。

 

3つの特徴

最新鋭の設備で、新しいモノづくり。

2017 © seed-sports

VOLLEYBALL
BASKETBALL
FOOTBALL
1 2
3
HISTORY

3つの特徴

最新鋭の設備で、新しいモノづくり。

企画から生産まで

全て自社で行えることが最大の特徴です。

迅速に対応可能

Quick Response

主要製品

Main Product

VOLLEYBALL
BASKETBALL
FOOTBALL

・バスケットユニフォーム

・サッカーユニフォーム

・バレーユニフォーム

・陸上ユニフォーム

・サイクルジャージ

・競馬騎手勝負服 ...etc

 

1
2
3
HISTORY

平成9年

会社設立 有限会社シード(秋田県北秋田市松葉町)[主要品目/エプロン]

 

 

平成11年

昇華プリント事業スタート

大型の平版プレス機を導入、昇華インクで印刷された輸入転写紙を仕入れ、百貨店向けの総柄のエプロンを生産開始(プレス、縫製)。

翌年には小型インクジェットプリンター、プレス機を導入。お客様の要望を自社で描き起こすオンデマンドTシャツの生産販売スタート。

 

 

平成15年

昇華転写プリントを用いたスポーツウェアの販売スタート

大型インクジェットプリンターを導入し、生地へ昇華転写プリントを開始。

翌年には大型ローラープレス機(輪転機)を導入し、品質を維持したまま、生産量アップに成功。

 

 

平成19年

シード東京支店開設

縫製品目をエプロンから昇華転写プリントを活かしたスポーツウェアに全面転換。

 

 

平成21年

本社を移設(秋田県北秋田市鷹巣字北家後)

 

 

 

平成22年

有限会社から株式会社へ変更

 

 

 

平成24年

自社ブランド「DVELOP.(ディベロップ)」をスタート

 

 

平成27年

プリント事業部を新工場(秋田県北秋田市材木町)へ移設

1枚自動裁断機を導入。大型インクジェットプリンター、大型プレス機を増設し生産量アップに成功

最新鋭の設備で、新しいモノづくり。

企画から生産まで

全て自社で行えることが最大の特徴です。

現段階でお客様がイメージする商品コンセプト、製作ロット数、価格、販売対象、ご納期など

まずはお気軽にご相談ください